いきいきクラスとは?

ウォンツは認知症予防の取り組みを積極的に行っております。

 

60名を超える生徒さんたちが、それぞれのグループで同じ課題に取り組み、相談したり助け合ったりして楽しく学んでいます。

 

いきいきクラスの誕生までと、カリキュラムについてご紹介いたします。


2015年1月に厚生労働省が発表した報告によると、団塊の世代が75歳以上になる10年後の2025年には、65歳以上の認知症高齢者が現在の462万人から700万人になると推計されています。
65歳以上の5人に1人が認知症に当たり、認知症は大きな社会問題となっています。

厚生労働省が推進する認知症予防のひとつに「パソコン」が!!

パソコンやタブレットは「旅行」や「料理」を検索したり、「ウォーキング」の記録をしたりとすべてにつながっています

厚生労働省の「認知症予防・支援マニュアル」では、「有酸素運動」「知的活動」「対人的接触」を主体とした予防活動が推奨されています。
この考え方に基づいた下記の4つのプログラムが、東京都の世田谷区や豊島区などの全国の自治体で導入され、予防効果が実証されています。